増毛のその後に不満はありませんか?

増毛のその後に不満はありませんか?

増毛のその後に不満はありませんか?

薄毛が気になった為に、増毛に踏み切ったはずですが、増毛したにも関わらず、その後の状態が不満な人も多いのが現状です。それはなぜでしょうか?薄毛を元に戻したいと考えるのはごく自然の考えですが、カツラであれウィッグであれ植毛であれ、元の自分の生きた髪の毛ではないのは確かです。外見上から違和感がなくても、元々生きていた所に自分の生命とは違うものがある状態ですので、アレルギーはなくても違和感があるのも当然なのです。そこで必要なのは、次はどの方法にしようかというような考え方ではなく、自分の人生を振り返り、今のあるがままを受け入れることです。当然受け入れられなければ他の方法を又試してみるのも良いでしょう。しかしながら、そのように責任を転嫁して、外に求めてばかりでは常に満たされず、お金ばかり浪費して不安に陥ることになる事も考慮しておかなければなりません。薄毛には様々な原因があります。1つ目は遺伝。これはどうしようもないことですが、人間は30歳過ぎれば徐々に衰えていき、昔は薄くなることは恥ではありませんでした。2つ目は食生活の乱れ。現在では普通になっている肉食、脂もの、冷たいもの等は、昔の日本で食べられるのは稀でした。肉食は血をたくさんつくるからこそ大量に消費します。脂ものや冷たいものはその血の流れを停滞させます。車で言うとアクセルを吹かしながらブレーキを踏んでいるようなものです。東洋医学では髪の毛は血の余りと言われています。血が幾ら余っていても大量に消費し、流れは悪くしていれば余りとなる髪の毛にまで行きわたらないのは当然の事なのです。3つ目は生活習慣の乱れ。血の流れは、活動時に活発化し安静時に沈静化します。つまり、起きているときは血がたくさん巡り活動に費やし、寝ている時は静かに流れ自然治癒力に回されるべき血が、夜遅くまで起きているとこのサイクルが乱れ、結果的に血の余りが髪の毛にまで行きわたらないのです。どんなに外見を気にしても、このように原因を改善しなければ元の状態になる可能性すら失われますし、その状態になったのは遺伝を除けば過去の自分の行動にあります。そして、薄毛になる事も痛み同様サインであり、身体が自分にこれから先どうなるかを知らせてくれているものと受け止めれば、この原因を改善する事で将来が明るくなっていくのです。その後に不満がある場合はこのように考える事で、外見の変化はなくとも心は安定していきます。

【増毛・植毛】人気の無料体験はこちら!

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!

ホーム RSS購読 サイトマップ