育毛と比べ増毛には即効性がある

育毛と比べ増毛には即効性がある

育毛と比べ増毛には即効性がある

抜け毛が目立つようになったり、頭皮にわずかでも透けている部分が見られるようになった場合は、すでに薄毛が進行しているものと思われます。薄毛には遺伝的なもの、環境的なものと様々な原因がありますが、気づいたときには対処が必要となっている場合が多くあります。そうしたとき、対処法としては薄毛治療薬を用いた育毛が手段としては考えられますが、育毛には時間が必要であり、個人差はありますが約三か月から半年以上の期間が必要と言われています。それは髪の毛にヘアサイクルというものがあり、成長期、退行期、休止期といった三段階の周期をおよそ三か月から半年以上で繰り返すとされているために、髪の毛の成長には時間がかかり、どんなに効果のある育毛剤を使用したところで一月で薄毛が目立たなくなるといったことはありません。また、薄毛治療薬の作用にも個人による差があり、効く人もいれば、薬に耐性がありまったく効果のない人も多少ですが見られます。そうした際には薄毛の改善は見込めず、無駄な支出のみ支払うことにもなりかねません。そして薄毛治療薬には副作用のあるものもあり、それは稀に重篤な病を引き起こす可能性もあります。育毛のための薄毛治療薬には外用薬と内服薬の二種類が存在し、内服薬の方が効果が高いと言われていますが、同時に副作用のリスクも高くなり、肉体への負担が大きくなります。内服薬は心臓、肝臓といった内臓に負荷をかけ、それは軽いもので頭痛、むくみ、そして重いものでは心不全、肝機能障害といった病を引き起こす引き金となる場合があります。なので十分な期間がかかること、副作用のリスクが少なからずあることを理解し、行わなければいけません。そうした意味では、増毛は即効性があり、また副作用のリスクが存在しないため、安全に髪の毛を増やすことのできる方法と言えます。増毛は人工の毛などを薄毛の目立つ部分に定着させ、髪の毛を増やす方法で、特定の個所のみを増やすことができるので薄毛の改善には効果的なものとなっています。しかし、あくまで増毛は一時的な薄毛改善であり、また初期費用だけでなく、メンテナンスなどの必要性から月ごとの費用が掛かることになるので、費用面で言えば育毛に比べ支出が多くなる場合があります。薄毛改善の方法としてはどちらも一長一短があり、それは個人個人の思惑によって選択すべきものとなります。どちらにも悪い部分のあることを理解し、薄毛の改善には長期的な視野をもつことが肝要となります。

【増毛・植毛】人気の無料体験はこちら!

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!

ホーム RSS購読 サイトマップ