自毛を利用すると簡単に増毛することができる

自毛を利用すると簡単に増毛することができる

自毛を利用すると簡単に増毛することができる

髪の毛を手軽に増毛する手段としては、ポリエステルなどの合成繊維で作られた人工毛を使った増毛が考えられています。近年は、こうした人工毛を頭皮に残っている髪の毛に結んで髪の毛が長く見えるようにしたり、ボリュームがあるように見せたりすることによって髪の毛を一時的に増毛することができるようになっているのですが、こうした手段はあくまでもその日の中だけで行うことができる手段に過ぎません。後年に至るまで髪の毛を増やすことができる手段ではないわけです。しかし、髪の毛を増やす手段として後年まで髪の毛を増やすことができる手段が一つだけあります。それが、自身の残っている髪の毛を薄毛の部分に移植する自毛植毛という特殊な集団なのです。自毛植毛は、頭皮に残っている脱毛作用に強い髪の毛を採取してそれを別の場所に移植する手術のことを意味します。なぜこのような手術が髪の毛を増やすことに有効に働くのかというと、髪の毛の脱毛作用には特定の原因によって抜け毛が生じている症状が存在するからです。こうした症状は男性型脱毛症と呼ばれていますが、男性型脱毛症の症状を発症させている時には、その脱毛症に強い耐性を持っている髪の毛を別の場所に移すことによって、髪の毛が抜けないようにすることができるようになります。特に、男性型脱毛症は後頭部や側頭部の髪の毛に対してそれほど大きな作用を及ぼすことがないので移植をする際にはこの辺りの髪の毛を使って移植することになるわけです。移植された髪の毛は頭皮に定着し、最初からその部分で成長していた髪の毛と同じように成長を開始するようになります。髪の毛の成長は一定の周期によって行われており、その周期が正常に働いている限りは絶対に薄毛の症状に悩まされるようなことはありません。髪の毛の周期は成長期だけではなく退行期を通して休止期まで存在します。休止期になると文字通り髪の毛の成長はストップしてしまうのですが、髪の毛の成長がストップしてしまうのは古い髪の毛が脱毛して新しい髪の毛を表面に出す作業が既に始まっているからにほかなりません。そのため、人間の本質的な髪の毛のサイクルを考慮すれば、一時的な髪の毛の脱毛は全く気にすることはなくむしろ歓迎されてしかるべきものなわけです。自毛植毛をすると、この人間の本来持っている髪の毛の周期が蘇ることになりますので増毛手段の中でも最も自然な形で髪の毛を増やすことができるのです。

【増毛・植毛】人気の無料体験はこちら!

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!

ホーム RSS購読 サイトマップ