増毛の効果は結びつけた毛の寿命が深く関係する

増毛の効果は結びつけた毛の寿命が深く関係する

増毛の効果は結びつけた毛の寿命が深く関係する

薬を使うことなく、できるだけ安全に頭髪のボリュームをアップさせないなら、増毛が役に立ちます。人工的な毛を今ある毛に取り付けることで、本数を多く見せることができる、お手軽な方法です。便利な方法ではありますが、効果の寿命に関して関心が集まるところです。品質の確かな人工毛を使っているのであれば、長持ちさせることができます。ですが、この時に頭に入れておきたいのが、人工毛そのものの耐久力よりも、結びつけた本物の毛の寿命について考えるのが重要であることです。人の毛というのは、ヘアサイクルを常に繰り返しています。毛にはおおまかにわけて、成長期と退行期、休止期の3つが存在します。成長期というのは、毛が太く勢いよく伸びている状態です。人の毛は1ヶ月に1センチ伸びるとされていますが、これに該当するのが、成長期の毛です。退行期は毛の成長が止まり、今まさに抜け落ちようとする毛のことです。頭髪を軽く引っ張ったり、シャンプーをした時に抜けてしまう毛は、この退行期にあてはまります。休止期は毛が抜け落ち、毛穴から毛が生えていない状態のことです。休止期がしばらく続いた後、成長期の毛が生えるようになります。つまり、毛が伸び始める成長期から、抜け落ちてしまう休止期直後の間が、毛の寿命となります。その期間は個人差があるものの、一般的に男性であれば3年から5年、女性だと4年から6年です。増毛で人工毛を取り付けるのは、ヘアサイクルを繰り返しているその人自身の毛です。この毛が抜け落ちてしまえば、そこについていた人工毛も取り除かれることになります。これを人工毛の寿命だと判断するのが正しいといえます。ですが、人工毛はいくらでも製造することができます。毛が抜け落ちても、その近辺に毛が生えているのであれば、そこに取り付けることによって、再び増毛効果を得られるようになります。これが増毛の利点だといえます。しかし、人工毛を取り付けても、すぐに退行期を迎え、休止期に入ってしまう場合がありますので、取り付けた後に、すぐに取れてしまうことは珍しいことではありません。できるだけ良好な状態を維持させるためにも、月に1回から2回のメンテナンスを実施するのが理想です。その頃になれば、毛も伸びてきますので、形を整えるためにヘアカットをしてもらえば、さらに自然な状態をキープできるようになります。普段ヘアサロンを利用する感覚で、通い続けるだけですので、大きな負担にはなりません。

【増毛・植毛】人気の無料体験はこちら!

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!

ホーム RSS購読 サイトマップ