増毛方法によって違う効果の持続時間

増毛方法によって違う効果の持続時間

増毛方法によって違う効果の持続時間

巷にはたくさんの育毛剤があふれていますが、どれを利用しても発毛効果が実感できないという例は多くあります。こればかりは仕方がないことですので、本格的に発毛を目指すなら、医療機関で治療を受けるようにしたいところですが、費用が高額になるのがデメリットです。ならば、かつらメーカーのサロンや一般的なサロンなどが実施している、増毛を利用するとよいでしょう。永久的な効果は期待できませんが、安い費用で今ある悩みを解決できる手軽さを持っています。増毛方法にはいくつかありますが、その効果の持続時間はまちまちです。人気がある方法として、毛に人工毛を結びつけるというものがあります。本物の毛とほとんど変わらない人工毛をつけますので、まず素人では毛をつけているとは判断が難しく、自然な仕上がりが期待できるのが魅力です。見た目の自然さを維持できるのは、おおよそ1ヶ月になります。1ヶ月くらい経過すると、結びつけた毛の部分が1センチ程度成長します。伸びた毛によって結び目が移動してしまい、まるで毛の途中から毛が生えているような見た目になってしまいますので、不自然な状態になります。また、ヘアサイクルの退行期から休止期に入ろうとする毛が自然に抜け落ちますので、そこに結んでいた人工毛も一緒に取れてしまいます。この不自然さを解消するには、月に最低1回はサロンを訪れ、結び目を戻してもらったり、新たな人工毛を取り付けてもらうようにしましょう。頭部の全体を覆うように、糸を張り巡らせて、その糸の部分に人工毛を取り付ける方法があります。かつらに似たような方法ですが、自然な生え際を維持できる魅力を持っています。毛に結びつける方法とは違いますので、2年から3年程度の持続性があります。ですが、自分自身の毛が伸びてくると、その毛によって糸の部分が押されるようになりますので、頭皮からやや盛り上がったような見た目に変化するようになります。不自然さをなくすためには、1ヶ月に1回のメンテナンスを行うのが理想的です。ヘアカットのついでに直してもらう感覚で利用すれば、気軽に通えるようになります。頭皮の部分に人工毛が付いたシートを貼り付ける方法もあります。毛がほとんど生えていない部分などに、簡単に取り付けることができる楽な方法ですが、粘着部分の持続力はおおよそ2週間です。1ヶ月に2回はサロンを訪れ、取り付けてもらうようにすると、自然な仕上がりを維持できます。

【増毛・植毛】人気の無料体験はこちら!

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!

ホーム RSS購読 サイトマップ