増毛|人工毛の結び方は?結び目はバレない?

増毛|人工毛の結び方は?結び目はバレない?

増毛|人工毛の結び方は?結び目はバレない?

薄毛の症状を改善したいときには、メーカーが行っているサロンで増毛法の施術を受けることで改善できます。大手のヘアサロンやメーカーなどで行われている増毛の結び方としては、結毛式というものがあり、アデランスやアートネイチャーなどの有名なメーカーでも採用されています。結毛式の結び方としては、自毛1本に対して複数本の人工毛を結びつけるというもので、仕上がりを自然にすることや安全性、快適性の高さなどがメリットとして挙げられます。メーカーによって様々なプランが用意されており、それによって費用も異なってきますので、事前にカウンセリングを受けて専門のカウンセラーと相談をしてから、自分に合ったサービスを決めることが大切です。結毛式のメリットには、身体への負担が少ないという点があります。薄毛の対策法としては、クリニックで受けられる植毛という方法もありますが、植毛の場合には頭皮にメスを入れて移植をするための毛髪を採取しなければなりません。毛髪の採取を行った部分は縫合する必要がありますので、傷跡が残る可能性や痛みの心配もあると言えます。結毛式の増毛法であれば、自毛に人工毛を結びつけるものとなりますので、頭皮や身体への負担は少ない特徴があります。カツラは人工物ですので、装着することで自毛から浮いてしまう欠点があります。しかし、結毛式の施術では、自毛を中心として人工毛を足していく結び方となることから、自毛に混ざって溶け込みやすいために自然な仕上がりになります。カツラやウィッグでは頭部を覆うものとなりますので、気温が上がると蒸れやすい弱点や、それによって皮膚トラブルの原因になります。近年採用されている結毛式は、通気性が高くなっていますので、夏場であっても蒸れにくいので皮膚トラブルの心配はありません。結毛式のデメリットとしては、結びつけた人工毛は天然の髪の毛のように伸びませんので、成長していく自毛と長さが変わってきます。自毛が成長したときに、根本に結びつけてある人工毛が浮き上がってしまうことになり、不自然さがみられるようになりますので、1か月に1回はメンテナンスを受けなければなりません。メンテナンスでは人工毛を結びなおす必要があることから、時間と費用の両面でかかってしまうことになる点がデメリットであると言えます。結毛式は仕上がりや自毛への負担の面を考えて行われるもので、1本の自毛に2本から6本結びつけるのが限界となります。そのために自毛が少ない人の場合には、結びつけられる人工毛の本数が限られてしまうことになるために、大幅にボリュームをアップできない可能性も考えられます。

【増毛・植毛】人気の無料体験はこちら!

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!

ホーム RSS購読 サイトマップ