シャンプーによる増毛の是非を検証してみた。

シャンプーによる増毛の是非を検証してみた。

シャンプーによる増毛の是非を検証してみた。

抜け毛が目立つようになったり、地肌に透けた部分が見られるようになった場合、薄毛はすでに進行していると言えます。視覚的に髪の毛の薄さが顕著である場合には治療が必要となっている段階であることが多く、その薄毛が環境的なものであるか、遺伝的なものであるかをしっかりと調べ、増毛するべく薄毛対策に挑むのが肝要になってきます。そうした際、日々行うシャンプーの種類、仕方の改善を考える人も少なからずいるでしょうが、シャンプーの変化によって著しい増毛効果が得られるのかと言えば、それには疑問符がつけられます。現在、髪の毛が確実に生える、と謳っているシャンプーは巷間に存在せず、それは増毛をはっきりと断言できる効果を得るのにシャンプーはあまり適してはいないことが、要因としては挙げられます。多くのケースでは、薄毛は遺伝的な要素により引き起こされています。DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの一種が頭皮に蔓延し、髪の毛の成長を阻害することで、短い髪の毛ばかりが目立つようになり、薄毛が顕著となってくるのです。そうした場合、対処法としてはDHTの活動を抑制する他に方法はなく、それは現在、薄毛治療薬によって行われるのが一般的、または効果的な方法とされています。DHTの活動を抑制する治療薬の多くは内服薬であり、体内から作用し、DHTの活動能力を低下させる役割を、内服薬はもっています。それに比べ、外用薬でのDHTの抑制にはそれほどの期待が持てず、血流を良化させ、頭皮の奥の毛根の活動を活性化させるものが多くの外用薬の効果として期待できるものです。頭皮からの成分の浸透は保護膜があるために難しく、またDHTは体内において生成されるために、外用薬のみの使用、そして同様の使用法であるシャンプーでのDHT抑制、ならびに薄毛の根本的な改善には、限界があると言えます。しかし、洗髪に気を遣うことはけして悪いことではなく、むしろ増毛にとって、頭皮を清潔にすることは効果的なものとされています。頭皮を清潔にすることで毛根の汚れがとれ、血流改善効果のある外用薬の浸透度がより高くなるのです。また頭皮を不潔にすることも、一部の説では薄毛の原因とされており、髪の毛の成長を阻害するものとされているので、しっかりとした品質の商品を選び、正しい洗髪の方法を見つけ、毎日欠かさず頭皮のケアをすることで、薄毛治療薬のみに頼らない増毛を実現させることができるかもしれません。

【増毛・植毛】人気の無料体験はこちら!

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!

ホーム RSS購読 サイトマップ