増毛するなら種類について知ることが大切です

増毛するなら種類について知ることが大切です

増毛するなら種類について知ることが大切です

薄毛などの解消に増毛するならば、まず、その種類に関して理解をすることが大切なことになります。増毛は、現在、その施術内容においても高い技術が用いられており、行った場合でも、ほとんど他からは分からないように仕上げれるものがほとんどとなっています。しかし、増毛にも種類があり、増毛するならばここでの特徴やメリット、デメリットに関してよく理解をした上で自分に合った方法を選ぶことが大切なことになります。増毛は、提供をする企業によっても違いがあり、それぞれに独自の技術を用いた特徴のある内容となっています。まず、1つに編み込み式増毛法があります。編み込み式は自毛と特殊な3本の糸で土台をつくり、その土台に糸だけを使って増毛を行っていきます。自然な仕上がりとなることや、耐久性にも優れていることから激しい動きや洗髪などにも対応をするこができ、増毛箇所を気にすることなく日常生活を送ることができるようになります。また、ズレが生じないことや、通気性が良いことから頭皮のトラブルが起こりにくいという点があります。反面デメリットとしては、定期的なメンテナンスが必要となることがあり、おおよそ、1ヵ月に一回程度はサロンに通う必要が生じてきます。2つ目としては結毛式増毛法があります。この方法では残っている自分の髪の毛の根元に人工毛を結び付けていくことで髪の毛を増やす内容となっており、そのために髪の量にもムラが起こりにくいことから全体的に均整のとれた仕上りにすることができるようになっています。また、地肌を覆う心配がないために頭皮トラブルを避けることができ、通気性が良いために夏場なでも快適な生活を送ることができるようになります。デメリットとしては、まず、自毛への施術となるために増やせる髪の量には限度があることと、編み込み式と同様に、定期的なメンテナンスをサロンで受ける必要がでてくることがあります。増毛では、かねてより用いられてきたカツラによる方式が広く知られていますが、3つめとして、その発展型として接着式があります。ここでは、人工毛を植え付けた極薄のシートが用いられており、それを直接頭皮に接着をすることで増毛が行われます。メリットとしては、シートの貼付だけで行うことができることから短時間で増毛をすることができ、また、一気に髪の増やすことができることや部分的にも増毛を行うことができることがあります。デメリットとしては、シートを貼る方式となるためにどうしてもムレが伴うことがあり、人によっては頭皮のトラブルにつながる場合があります。

【増毛・植毛】人気の無料体験はこちら!

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!

ホーム RSS購読 サイトマップ