増毛と薄毛治療薬と植毛について

増毛と薄毛治療薬と植毛について

増毛と薄毛治療薬と植毛について

髪の毛が薄くなってしまったり抜けてしまったりといった髪の毛の問題は男性だけの悩みではなく、女性も悩む人が多くなっています。髪の毛が薄くなってしまったり抜けてしまったりして悩みを抱えている人は、専門の医療機関による増毛の治療を受診するのも良い方法の一つです。医療機関で増毛の治療を受けると効果的な増毛が期待できますが、良いことばかりではなくデメリットも存在することも理解しておくことが必要です。また、髪の毛を増やすのには飲み薬や植毛手術などの方法がありますので、自分の試したい方法を選びます。増毛に効果的な飲み薬も開発されていて、厚生労働省がお医者さんが処方することを認可した薄毛治療薬もありますので安全に服用することが可能です。市販の育毛剤などを使用するよりも薄毛治療に効果的ですし、飲み薬のため、育毛剤の匂いなどで薄毛対策をしていることを周囲の人にばれずに髪の毛を増やせるというメリットがあります。ところが、この服用薬は髪の毛が生えてくるまで継続して服用する必要があります。服用してしばらくは効果が現れにくいかも知れないのですが、短くても三ヶ月以上諦めることなく服用を継続する必要があります。また、薄毛治療薬は効果の出方に個人差があるので、服用しても効果がなかなか現れない人も存在します。薄毛対策の服用薬は副作用がほとんど現れないのですが、ごくまれに肝機能障害や勃起不全などを引き起こす可能性がありますので注意が必要です。植毛手術は後頭部などまだ自分の髪の毛が生えている部位から髪の毛が薄くなるのが気になっている部位に移植する手術で、移植された髪の毛が確実に定着すると、一度抜けたとしても自然に髪の毛がまた生えてきます。人工の毛髪を増毛するのとは異なり、定期的な調整も不要ですので、初期費用はかかっても、維持費用がかかりません。そして、植毛手術は自分の髪の毛を移植するので、移植された髪の毛は他の部位の髪の毛と同じ髪質で生えてきますので、ナチュラルに仕上がります。ところが、植毛手術はまだ髪の毛が生えている部位をメスを使って切り取るので、後頭部などにわずかに傷跡が残る可能性があります。近頃はメスを使用しない植毛手術を実施している医療機関もあります。そして、自分の髪の毛を移植する髪の毛として使うことになるので、移植することが可能な髪の毛の本数に限界があります。また、植毛した髪の毛は抜けてから、また生えてることで定着するのですが、生えるまでに時間がかかります。

【増毛・植毛】人気の無料体験はこちら!

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる期間が知りたい!

ホーム RSS購読 サイトマップ